PADIアドバンスド オープンウォーター ダイバーコース

海をめいっぱい遊んで経験豊富に

PADIアドバンスド オープンウォーター ダイバーコースは、エントリーレベルのダイバーが、水中写真や魚の観察等、アドベンチャーダイブに興味を持ったら「すぐに次を試してみよう」という希望に対応できるように設定されています。18種類のアドベンチャーダイブの中から5種類のアドベンチャーダイブを修了すると“アドバンスド オープンウォーター ダイバー”に認定されます。合計5本のアドベンチャーダイブに水中ナビゲーションとディープダイブを含んでいることが条件となります。

受講前条件 PADIオープンウォーターダイバー以上、または同等の他団体Cカード取得者。12歳以上。
講習内容 5種類のアドベンチャーダイブ(水中ナビゲーション、ディープダイブを含む)
開催日 フリーリクエスト制で常時開催!お気軽にお申し出ください。
モデルスケジュール 1日目:学科講習
2・3日目:海洋実習
(1)水中ナチュラリストダイブ
(2)ピークパフォーマンス ボイヤンシーダイブ
(3)デジタルアンダーウォーター フォトグラファーダイブ
(4)ディープダイブ
(5)水中ナビゲーション
認定

以下のアドベンチャー・ダイブも選択可能です。お気軽にご相談下さい。

ボートダイブ / ナイトダイブ / レック(沈船)ダイブ / ドライスーツダイブ / サーチ&リカバリーダイブ / ダイバープロパルジョンビークル(水中スクーター)ダイブ / エンリッチドエア・ダイブ / ドリフトダイブ

PADIレスキューダイバーコース

トラブルを予防できるダイバーへ

PADIレスキューダイバーコースではダイビング中に発生した問題にすぐ対処できる知識を備え、トラブルを未然に防ぐ方法をマスターします。 コース習得後には、
・トラブルを未然に防ぐ能力がつく
・緊急時の応急処理法が身につく
・負傷したダイバーの救助や、事故時の救命方法が身につく
・水中捜索方法がマスターできる/自分自身の安全性が高まる
といった、スキルを習得できます。

受講前条件 PADIアドバスド オープンウォーターダイバー以上、または同等の他団体Cカード取得者。且つエマージェンシーファーストレスポンスプログラム修了者、または同等の修了者。
講習内容 学科試験+海洋実習5ダイブ。計2日間以上。
開催日 フリーリクエスト制で常時開催!お気軽にお申し出ください。
モデルスケジュール 1日目:学科講習
2・3日目:海洋実習
認定

プロフェッショナルコース

プロフェッショナルレベルまでのアップデートコースが充実しています

もし水中の素晴らしさを他の人にも伝えたいという気持ちを強く持っているなら、あなたはプロとしての素質十分です。プロになれば、新しいあなたが発見できるかもしれません。しかし、ダイビングのプロフェッショナルは「ダイビングの経験が多い」、「ダイビングがうまい」というだけではなれないのです。ダイビングを指導するための正しい知識と技術が必要です。だからこそ、チャレンジのしがいもあるというもの。あなたもダイビングのプロを目指してみませんか?

PADIダイビング・システムフローチャート

楽しみながら確実に、なりたいダイバーになれる!

  1. PADIスクーバ・ダイバー

    このコースを修了するとPADIプロフェッショナルの監督下で潜る事が出来ます。
    講習内容はOWコースの前半部分と同じです。

  2. オープン・ウォーター・ダイバー

    このコースを修了するとPADIプロフェッショナルの監督なしに18mまで潜る事が出来ます。
    ダイバーとしてのパスポートです!

  3. アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー

    いろいろな人と出会い、色々な場所へ行き、水中で新しい事をしてみる、そんなプログラム!
    入門編からチャレンジ性の高いものまで、様々なテーマのダイビングを行います。ダイビングの楽しみが広がり、スキルアップもできる大人気のコースです!

  4. レスキューダイバー

    ダイビング中に発生した問題をすぐに対処出来る知識を備え、トラブルを未然に防ぐ方法をマスター!
    さらに、万一の事故の際の救命法も身につけます。

  5. マスター・スクーバ・ダイバー

    様々な環境でテクニックを磨き、相当の経験を積んだダイバー!アマチュア最高峰のランクです!!

スキルアップオプション

  • 水中ナビゲーター

    進路を自分で作り、戻ってくる。

    水中ナビゲーター

    方向感覚がつかみにくい水中で、進むべき道を探せるようになります。

    • 今いる位置が分かれば、まず安心
    • コンパスや水中地形などを道しるべに
    • 最短移動でダイビングの楽しさアップ
    • 水中撮影のペース配分も楽々
    • 沈船、洞窟での方向感覚も磨ける
  • ドライスーツダイバー

    体が濡れないから、暖かく快適。

    ドライスーツダイバー

    一年を通じて楽しみたい方にぴったり。使いこなすには、それなりのコツが必要です。

    • 水着に着替えず、軽装のままで着用OK
    • 体を冷やさない分、ダイビング後も楽です
    • 体力のロスが少なく、より多くダイビングが可能
    • 浮力調整など、特有の扱い方をマスター
    • 万が一、穴が開いた時のメンテナンスも習得
  • AWAREサンゴ礁の保護

    サンゴを知れば、地球が分かる。

    AWAREサンゴ礁の保護

    一見、美しさに目がいくサンゴ。実は地球環境と深い関係があります。

    • サンゴ礁ができる過程などを紹介
    • 南の海の象徴と言われるには訳があります
    • 地球環境を知るバロメーターです
    • 世界のサンゴが直面する危機について理解
    • サンゴを守るために、まずできることを実践
  • デジタル水中フォトグラファー

    手軽さが嬉しい、デジタル水中撮影。

    デジタル水中フォトグラファー

    今はデジカメの時代。撮影後は、画像データの使い方も広がります。

    • まずは、普通のデジカメにケースを付けて
    • 「消去」機能を使って、効率よくストック
    • 撮影後の画像はホームページやブログにアップ
    • パソコンから年賀状や暑中見舞いなどに利用
    • スノーケルを付けた撮影テクニックも
  • ダイバープロビジョンビーグル

    行動範囲が一気に10倍。

    ダイバープロビジョンビーグル

    水中スクーターを自分で運転できれば、移動も楽々です。

    • 驚くほど簡単に、心地よく水中移動
    • エア消費量は約半分。体力のキープも
    • より遠くに、より長く潜れます
    • 操作、メンテナンスを学び、安全にダイビングをエンジョイ
    • 水中スクーターによるプラン概要をマスター
  • ディープダイバー

    深くなるほどにエキサイティング

    ディープダイバー

    太陽の光が徐々に届かなくなる青一色の世界。一度は味わってみたいはずです。

    • 水深18m以上は結構見どころが多い
    • 基本的な理論、知識を覚えれば安心
    • 潜水計画、浮上時の安全停止をマスター
    • 深場でのダイビングスキルが身につきます
    • 世界中の有名スポットへ挑戦
  • ピークパフォーマンスボイヤンシー

    安定した浮力をつかみ、体力の温存に。

    ピークパフォーマンスボイヤンシー

    浮きすぎず、沈みすぎず、一定の深度をキープ。基本ワザをこの機会に。

    • 安定ポジションでエア、体力を節約
    • 楽な姿勢になり、水中撮影も簡単に
    • 美しいサンゴ礁を傷つけることなく観察
    • ダイナミックな潜行も、途中で簡単に停止
    • 砂の巻き上げもなくなり、マナー向上
  • ボートダイバー

    いいポイントに速く行って、エントリー。

    ボートダイバー

    リゾートといえばボートダイビング。しっかり学んでおけば、一段と快適にダイビングを楽しめます。

    • ビーチに比べ、エントリーやエキジットが楽に
    • 習得すれば、ボートに乗っても慌てません
    • ボート上での座り位置、ポジショニングをマスター
    • ゆれるボート上での器材の扱いもスムーズに
    • ボートによる長時間ツアーも参加しやすい
  • 器材(エキップメント)

    ダイバーの「身近な味方」に詳しくなる。

    器材(エキップメント)

    器材は、ダイバーを守る道具。詳しく知っておくと、後々役に立ちます。

    • 器材の構造を知って、納得のメンテナンス
    • 大事な器材を長持ちさせるコツをマスター
    • セッッティングやエキジット後の片付けが、よりスマート&スムーズに
    • 最適な保管をマスターすれば、メンテナンス上級者
    • 買い替えをお考えの方には、お得な情報も
  • 水中ナチュラリスト

    水中世界を知ると、ますますおもしろい。

    水中ナチュラリスト

    水中生物から海や地球への興味が湧き、ダイビングが楽しくなります。

    • 不思議な営みに出会うたび、感動が膨らみます
    • 捕食や擬態、共生の様子をじっくり観察
    • ダイバーの水中でのマナーとしても大切
    • 生物との接し方、危険の認識が身につきます
    • カメラ・ビデオ撮影のための基礎知識として